家事を減らすシンプルライフ
家事する家族に育てよう!
まずは家事する夫から
夫に家事を頼むコツ
家事だと気づかせない!
家族に優しい収納術(ストック&フロー編)
家族に優しい収納術(動作編)
リセット掃除のススメ
家事分担会議を開こう!
家事分担のポイント1
家事分担のポイント2



家事する家族に育てよう!

夫が、子供が家事を分担してくれたら・・・ 主婦なら誰でも思うことではないでしょうか^^

手伝う気が失せる理由

私の夫は、家事分担に余り抵抗がない人だと思います。
しかし、実際に動いているのは私。
(専業主婦だから、というのもありますが・・・でも兼業主婦になったとき困ります)

夫の言い分を聞くと、多いのがこれです。
「どこに何があるかわからない」

料理なら、冷蔵庫がゴチャゴチャ。必要なキッチンツールも見つからない。
掃除なら、掃除用具がどこにあるかわからない。
洗濯なら、洗濯機の使い方がわからない。
布団のシーツ、替えようにも新しいのはどこにあるの?

このままではマズイ。
家事する夫に育てなければ・・・


キッチンは主婦の城、になってませんか?

私の実家がそうでした^^
何がどこにあるか、探すのが大変だから、料理する気がおきません。

母の料理を手伝おうにも、詰め込みがちな収納から
キッチンツールを引っ張り出しただけで、もう疲れています(笑)

ゴチャゴチャしているから、二人が作業できるスペースもありません。
手伝える環境が整っていないのです。

手伝ってもらう母も、「○○はどこ?」といちいち質問ぜめにされて、
結局一人でやるのがラクだ・・・という結論に落ち着きます。

私がキッチンに立ったのなんて、年に一回、
気まぐれで手作りお菓子にチャレンジしたときぐらいです^^;


目指せ、ハワイのコンドミニアム♪

私の理想は「誰でも、何がどこにあるか、見つけやすい家」です。
極端な話、子供でも覚えられるくらい単純な収納がいいと思います。

イメージは、ハワイのコンドミニアムや一軒家レンタル。
誰かの家にお邪魔したかのように、家具に電化製品、必要なものは全て揃っている宿泊施設です。

必要なモノだけが、必要な場所に収納されているから、
誰に聞かなくても不自由なく快適に滞在できるよう工夫されていて、感心しちゃいました^^

もしあなたの家に、あなたが不在のときに友人に泊まってもらったら・・・
友人は、あなたに「○○はどこ?」と聞かずに滞在できると思いますか?

ハワイの一軒屋レンタルのキッチン。
ココにあるんじゃないか?と適当に開けた場所にちゃんと収納されている。
そのわかりやすさに感動しました!


家族に優しい家づくり

こんな家なら動きやすい。家事を手伝いやすい。ストレスがない!
感動した私は、「家族に優しい(わかりやすい)家」を目指すことにしました。

シンプルライフでいくらモノを減らしても、使いやすい場所に収納されていないと意味がない、そう感じていたのも理由のひとつです。

家族と一緒に暮らしている以上、皆にとって使いやすい収納でないと、
自然に散らかっていきます。

散らかす人、家事をしない人を責めるのではなく、
散らかさずにすむ収納、思わず家事したくなる家づくり。

そんなシステムを作っていきたいと思います^^


※当サイトは、「旦那さまを家庭に帰そう」に賛同しています。

最終更新日:2006年02月22日




Copyright (C) 2007 夢を叶えるシンプルライフ All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです