家事を減らすシンプルライフ
家事する家族に育てよう!
まずは家事する夫から
夫に家事を頼むコツ
家事だと気づかせない!
家族に優しい収納術(ストック&フロー編)
家族に優しい収納術(動作編)
リセット掃除のススメ
家事分担会議を開こう!
家事分担のポイント1
家事分担のポイント2



まずは家事する夫から

家事する家族に育てる肝は夫!

「家事する家族化計画」。(名前をつけてみた^^;)
まずは夫からです。

なぜかというと・・・
子供は、親の言うことを聞かないが、親のやることはマネするから。

あなたにもありませんか?
無意識のうちに、親と同じことをやってしまっていること・・・

何となくしてきた家事の方法が、母親のマネだった!
お金の管理方法って、両親にソックリだ(汗) などなど。

つまり、親(あなたと夫)が家事をマスターすれば、
子供も男女の差なしにマネします。

逆に夫には家事をさせず、子供に先にお願いすると、どうでしょう?

いくら兄弟・姉妹で男女の区別なく家事をさせても、
肝心の両親が、母親だけ家事をしていては説得力がありませんね^^;


既にしてもらってる家事をリストアップ

現状把握してみましょう。
あなたがお願いするだけで、一人でちゃんとできることはどれくらいありますか?

ちなみに我が家の場合は・・・

■既に習慣になっているレベル
・燃えるゴミを捨てに行く
・お風呂を入れる
・食後のテーブルをキレイにする

■たまにしてくれるレベル
・休日に自分の昼食を作る
・食洗機の食器を片付ける
・スーパーに買出し
・買ってきた食材を冷蔵庫に入れる
・大きな魚をおろす
・洗濯物を取り込む
・掃除機をかける
・燃えるゴミを集める
・雨戸を閉める

いかがですか?
「おお!こんなにしてくれるの?」って思います?

私としては、「これ以外、全部私がしてるんだな~(まだまだだ!)」などと
思ってたりしますが^^;

もちろん、協力してくれることはありがたいです。
いつも感謝の意を思いっきり表現していますよ♪


必ず「ありがとう」と言う

既に習慣になっている家事であっても、してくれたら必ず「ありがとう」を忘れずに。
だって、自分に置き換えてみたらそう思いませんか?

いくら毎日している家事だからって、家族がしてもらって当たり前のような顔をしていたら・・・なんだかガックリです(T T)

夫や家族からの「ありがとう」がほしかったら、まずは自分から!ですよね^^


※当サイトは、「旦那さまを家庭に帰そう」に賛同しています。

最終更新日:2006年02月28日




Copyright (C) 2007 夢を叶えるシンプルライフ All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです