私のシンプルライフ道
シンプルライフへの道
まず、売る!
次に、捨てる!
そこで、しまう!



次に、捨てる!

これで、おうちのインプット(買い物)が減り、アウトプット(売り物)が増えました。
必然的に、おうちはだいぶスッキリしてきたはずです。

そこで、本当に不要なモノを捨てましょう!


二束三文でも売る

捨てる・・・なのに、まだ売るのか?と言われそうですが。

私に言わせれば、古本屋・リサイクルショップへの持込みは「捨てる」レベル。
廃品回収日まで待てない・・・ぐらいの違いです^^;

◆ネットの古本屋さん(オンライン申し込み→引き取りに来てくれる)
 →イーブックオフ古本市場


ゴミに出すのとどう違う?

運ぶのに車は必要だし、申し込む手間や時間もかかってしまう・・・
これじゃ、燃えるゴミにこっそり混ぜたり古紙回収に出す方がずっとラクかも?

そう、ラクですよね!
でも、「捨てる」のにラクしてちゃ、また捨てモノを拾って買ってきちゃうでしょ?

それじゃ意味がないんです。
ここでは捨てる苦労を味わいましょう★

無駄にしたお金や、それを稼いだときの苦労や、モノを活用できなかった悲しさ・・・
それらをたっぷり味わうことが、ゴミたちを生かす最後の方法です!


捨てやすくなるまで使い切る

売れないし、あとは捨てるだけ・・・

その前に。
最後まで使い切れないか考えてみてください!

本来の用途以外でも構いません。
意外と、用途を変えたら長生きするケースも多いのです^^
例:靴下を雑巾として使う


ゴミについて考える

あなたの家は、どんなゴミが、どのくらい出ますか?

うちは夫婦2人暮らし。

燃えるゴミ(週2回)は普通のスーパーの袋(中)1個程度。
私が一人暮らししていたときより少ないです^^;

ほとんどがダイレクトメール(裏紙が使えない)や生ゴミ、通販で買った梱包材など。
布ナプキンを使っているので女性特有のゴミも少なめ。

その代わり、燃えないゴミ(月1回)は40リットルのゴミ袋1個や2個になります。

特に、個別包装のお菓子やプリン、市販の惣菜・お弁当を買うとすごく増えます。
そのため、できるだけ手作りのおやつを作ったり、自炊するようになりました。


いかがでしたか?
一口に「捨てる」といっても、捨て方もいろいろです。

捨てる前に、他に使い道はないか?なぜこのゴミが出たのか?
そう考えるだけで、シンプルライフに近づけます!

最終更新日:2006年03月28日




Copyright (C) 2007 夢を叶えるシンプルライフ All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです