家事を減らすシンプルライフ
家事する家族に育てよう!
まずは家事する夫から
夫に家事を頼むコツ
家事だと気づかせない!
家族に優しい収納術(ストック&フロー編)
家族に優しい収納術(動作編)
リセット掃除のススメ
家事分担会議を開こう!
家事分担のポイント1
家事分担のポイント2



家事分担のポイント2

すでに夫がやっている家事を分担する

次に、夫担当の範囲を広げることにしました。

夫に一部まかせても、結局は夫がきちんとやってくれるか見届けなくてはいけません。
それでは完全に家事フリーになれないですよね★

まかせる分野は、夫が今まで担当していた家事、ゴミ出しです!

今までは私が家の中のゴミをまとめて、玄関前で手渡し、
夫は受け取ったゴミを出勤の通りすがりに「捨てるだけ」だったのです。
(なんてラクなんだよぉ~~~怒)

しかし、家中のゴミをかき集めるところからおまかせ。
ついでに、資源ごみも出す曜日の用紙を渡してあとはおまかせ^^
(古紙回収の束は、くくるのが大変!)

「夫担当」ということは、夫がきちんとやろうがやらまいが、
私の管轄ではないので「お好きにどうぞ♪」という感じです。

責任者の地位を夫に譲っただけで、とても気持ちがラクになりました♪


妻がこだわりのない家事を分担する

妻が家事の出来具合にこだわりのない分野をおまかせするのも重要です。

私の場合(一応こだわりのある分野はあります)

・洗い物 ・・・洗い残しが許せない
・洗濯  ・・・ナチュクリなのでコツが要る
・お風呂掃除 ・・・ヌルヌル大嫌い

などの理由で、上記3つは出来具合をチェックせずにはいられないでしょう。
(ヤな姑みたいですね^^;)

一方、ゴミ出しですが、これには全くこだわりはありません。

ゴミの袋のくくり方とか、どうでもいいです(笑)
目の前からゴミが無くなってくれるだけで、御の字♪

もしも出し忘れたとしても、私自身出し忘れ経験は何度もあるので、
「まーいいんじゃない~」と広い心でいられます。

これが「お風呂掃除」などヌルヌル大嫌いな分野だったら、
思わずお風呂に入ったついでについ掃除してしまうでしょう。

それじゃあ家事フリーになれませんから★

以上、家事分担のポイントでした。

まだ始まったばかりのシステムなので、どうなるか楽しみです^^

最終更新日:2006年10月23日




Copyright (C) 2007 夢を叶えるシンプルライフ All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです