片付けられない人へ
あなたは完ぺき主義?
習慣を変えよう
1日1杯★プチカゴ整理
プチカゴ整理で散らかしグセを知る
「汚れたら掃除」の本当の意味
毎日5%の掃除の習慣



毎日5%の掃除の習慣

それをするのに、理由はいらない

あなたは、毎晩歯磨きしていますね?
「今日は余り汚れてないな・・・ じゃ、歯磨きやめとくか」なんて日はないですよね^^;

そもそも、そんな汚れチェックをする前に、
反射的に歯を磨き始めていることでしょう。

習慣とは、そういうもの。
習慣になってしまえば、毎回毎回、それをするのに理由はいらないのです。

掃除の習慣だって同じ。

「汚れているから掃除」ではなく、
「掃除することになっているから掃除」なのです。


5%の掃除で毎日キレイ!

「毎日掃除なんて無理!」と思うあなた。
「掃除」のレベルが高すぎるのではないですか?

たまに掃除をする場合、キレイ度0%→100%にしなきゃいけませんので、
掃除1回分にかかる時間もエネルギーも大きいはずです。

でも、毎日するなら、100%の掃除をしなくてもいいでしょう。

例えば、一日に2,3%キレイ度が減っていくとして、
キレイ度90%を下回れば掃除する、と仮定します。

毎日+5%程度、気づいた箇所のみ掃除しても、
家中90%のキレイ度をキープできる計算になります。
(かなり無理やりな計算ですが、そんなイメージで^^;)


洗面所の掃除の例

・100%キレイを目指す、「汚れていないと全く掃除しない派」のあなたの頭の中

 →今日は掃除する日だから、洗面ボウル・蛇口・ハンドル・排水溝・鏡・歯磨きコーナーにコップ、全部キレイにしなきゃ!

・5%キレイを目指す、「汚れていなくても毎日掃除する派」の人の頭の中

 →今日はどこを掃除しようかな?特に目立つところはないなぁ・・・あ、排水溝のゴミがちょっと溜まってるかも。今日はこれだけでいいや。

毎日「掃除する量>汚れる量」なら、常にキレイをキープできるのです。

まずは「毎日5%の掃除」から、はじめてみてはいかがですか?^^

最終更新日:2007年04月29日




Copyright (C) 2007 夢を叶えるシンプルライフ All rights reserved.
当サイトはリンクフリーです